引きこもり生活

クリスマスに引きこもるということ

2017年12月26日

みなさま、こんにちは。
ことぬー(@cotonou1113)です。

数日ぶりのブログ更新。
今日もだらだら中身のない内容です。

ただひたすら引きこもる

クリスマス前後はひたすら家におりました。
ひたすら動画と本とゲームアプリばっかりしていました。

テレビが視聴可能ならずっと観ていたのかも。
そのくらいだらだらとした時間を過ごしました。

いつもの引きこもりたい病が酷くなっていました。
こうなるともうダメです。

よっぽど切羽詰まった用事がないと外に出ません。
郵便物をとるのも、ゴミを捨てに行くのもやらずにいます。
LINEの返信もしません。

こういう生活、10年前の自分では考えられなかったですね。

今でこそ慣れましたが、10年前の自分は

動かないと!

というプレッシャーが半端なかったです。

あのプレッシャーは何だったのでしょう。

人間、意外とやらなきゃいけないことをやらなくても生きていけます。
結果はどうであれ、生きていけるんです。

今みなさんが何かの問題を抱えて動けなくなっていたとしたら
試しに動かない生活を徹底的にやってみるといいかもしれません。

本当にやりたいこと、やりたくないことが見えてきます。

やらなくてもいいことに時間を割いていることにも気がつきます。
今それをやるべきなのかだんだんわかってきます。

おっと、私が偉そうなことを言っても変な話ですね。

クリスマスに引きこもってもいいんじゃね?

クリスマスくらい引きこもっていても生きていけます。
逆にクリスマスでわざわざ外に出るのもどうなんでしょう。

世間ではクリスマスを一人で過ごすのを「くりぼっち」と言うみたいです。

そんなん、どうでもいい。

世間とそこまで関わらなければいいんです。
そういう気分で引きこもっていてもいいんですよね。

同じ時間を過ごすなら自分の時間を過ごしたいものです。
自分は引きこもることでそれが実現できます。

働かないことに対するイメージ

自分は定職につかないことに罪悪感や恥ずかしさを持っていました。

働かないことに対するマイナスイメージが強かったです。
ただ、それは他人が作ったもの。

それを勝手に自分の考えとして取り入れているだけ。

世の中には働かないで幸せに生きている人もいます。
その人と自分は同じ人間。

働かないでマイナスイメージを勝手に持つのをやめるべきですね。

もちろん、収入の目処を立てないといけません。

これが大きい。

これ実現できれば働かなくても生活していけます。
何らかの目処を立てたらマイナスイメージはなくなるのかもしれません。

最後に

今は引きこもりながら生活をできるように色々試しています。

自分のような人間がそれを可能にしたら……
同じような悩みを持っている人が救われるのでしょう。

今はその研究をひたすらしていきたいです。

クリスマス前後でだらだらしたら生きるエネルギーが強くなりました。
今日より地道に研究していきます。

ではでは。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ことぬー

夏はあせも、冬はあかぎれに悩まされる引きこもり。基本引きこもっていますがたまに旅に出ます。引きこもっていても人生を生き延びられるか研究しています。 プロフィール ことぬーのほしいものリスト

-引きこもり生活
-,

Copyright© ことぬーのエキセントリックブログ , 2019 All Rights Reserved.