バイク

【バイク旅】キャンセルで遠足が中止になった気分

2018年3月9日

この記事は自分が長野で人と会う予定の続編です。
予定がキャンセルになった話です。

長野で人と会う予定に関する記事は「【バイク旅】長野に行くけどホテルの宿泊代が安かった話」で書きました。

先方都合でキャンセル

今週末(2018年3月11日)に長野で知り合いと会うことになりました。

自宅から長野は長距離なので、バイク旅ついでにホテルを手配。
ちょっと危険なバイク旅に出ようと思っていました。

冬の長野へバイクで行く……

今までやってこなかったので楽しみでした。

そんな予定が先方の都合でキャンセルになりました。

理由は「用事ができた」とのこと。
詳細を尋ねても答えてくれませんでした。

遠足に行く前の子どもの気分

もとをたどれば知り合いと会うのがひとつの目的。
それがキャンセルになったので、わざわざ長野に行く理由がなくなりました。

長野での宿泊先も決めていました。
ルートも決めて途中でどこ行こうか決めていました。

遠足に行くわくわくした子どもの気分でした。

予定が決まったのが3日前。
今日までわくわくした気持ちが募っていました。

google mapでルート検索したり……

行きは秩父方面から攻めて長瀞のラウンドアバウトみようかなと考えたり……

知り合いと会ったらこんな話したいなと整理してみたり……

それがキャンセルでなくなることに。

連絡を受けた時はさすがに凹みました。

強行してもよかったけど中止に

ここで自分に与えられた選択肢はふたつ。

  1. 用がなくても予定をこなす
  2. 中止する

迷いに迷って選択したのは

「中止する」

でした。

冬の長野は最低気温が氷点下になることが普通にあります。

氷点下の気温だと道路が凍り、アイスバーンになります。

通ったこともない道でのアイスバーンは恐怖です。
転倒くらいならまだしも、事故を起こしてしまったら最悪。

取り返しのつかないことになる可能性があったわけです。

そう考えるとキャンセルされても予定をこなすのは無謀。
むしろ知り合いと長野に会いに行くことからおかしかったともいえます。

知り合いからのキャンセル連絡はある意味悲劇を回避してもらうことになったのです。

もはや予定をキャンセルされてよかったのかもしれません。

ホテルの予約の問題

まだひとつ問題が残っていました。

それは「ホテルの予約、キャンセルできるか?」です。

正確に言うと「キャンセル代払いたくない」ということ。

調べたらホテルのキャンセルポリシーは

「宿泊日前日からキャンセル代金を徴収」

でした。

なので、無事キャンセルできました
明日だとキャンセル代金を取られていたのでよかったです。

キャンセル代金取られるなら予定をこなす方を選んだかもしれません。

ホテルに宿泊予約する際はキャンセルポリシーもチェックしておいた方がいいですね。
キャンセルに関して寛容なホテルでよかったです。

約束を守る人、守らない人

ビジネスでは約束を守る人は信用されます。

今回の知り合いは約束を破りました。
会えないのは残念ですが、彼との仲に影響はありません。

だって、ビジネスで会うわけじゃないし。

たとえビジネスだとしても変わらないのかも。
ビジネスならもっと安全で確実な方法を選びます。

できれば自分は約束を守れる人でありたいです。
その上で約束を破られても許せる心の広い人でいたいです。

でも……
うーん、自分にはハードル高し。

約束を守らない人と思われるくらいなら約束をしない方がいいと思ったりして。

そんなんだから自分は未熟なんでしょう。

最後に

長野へのバイク旅、今回は中止となりました。
ですが、チャンスがあれば計画を立てたいですね。

現地へ行かないと危険かどうかもわからないので。

長野じゃなくても近隣でバイク旅に出ようかな。

ではでは。

追記

長野への旅から群馬への旅に予定がかわりました。

記事にまとめたのであわせてどうぞ。

【バイク旅】群馬へレトロ自販機巡りしてきます

【バイク旅】群馬編#1 ドライブイン七輿はドラマ「64」のロケ地だった

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ことぬー

夏はあせも、冬はあかぎれに悩まされる引きこもり。基本引きこもっていますがたまに旅に出ます。引きこもっていても人生を生き延びられるか研究しています。 プロフィール ことぬーのほしいものリスト

-バイク,
-

Copyright© ことぬーのエキセントリックブログ , 2019 All Rights Reserved.