バイク

【バイク旅】福島編#2 昼の大瀬橋は景色が素敵だった

2018年4月11日

大瀬橋1

この記事はバイク旅福島編の第2弾です。

福島編の第1弾は「【バイク旅】福島編#1 鬼怒川の堤防決壊場所に寄り道してみた」です。

福島編初日の常総からホテルで宿泊するまでの話を書きました。

小銭が使えるガソリンスタンドで給油

鬼怒川水害で堤防が決壊した常総に着いたのが8時頃。
記念碑などを見てから小さな公園で朝食を食べました。
目の前の桜が綺麗でした。

常総の桜

 

ひと息ついて出発したのは午前9時頃。

あとは294号に入り、宇都宮方面に走ります。

国道294号1

 

交通量が増えましたが流れがよくてそんなにストレスを感じませんでした。
難しい交差点もなく乱暴な運転をする人も少なくて快適でした。

途中、ガソリンスタンドが見つかるうちに給油しておかないと悲惨な目に遭うのでガソリンスタンドで給油。

JAのセルフスタンドを利用しました。
小銭が使えるところだったので500円で給油しました。

茨城や栃木はJAのガソリンスタンドが多かった印象です。

生の蒸気機関車を見かける

国道294号を北上し下館を抜けると栃木県に入りました。

真岡鉄道の線路と並走することになり、折本駅で蒸気機関車を見かけました。
思わずスマホを取り出して写真撮影。

蒸気機関車

桜と蒸気機関車、風情があって癒されました。

あ、ちゃんと停車してから撮りましたよ。
というか、運転しながら撮る芸当はありませんです。

真岡鉄道ホームページを見ると蒸気機関車はのぼりくだりで一日一本運行されているみたい。

運がよかったです。

それと久保講堂という国指定文化財の建物に寄り道。

参考

入口に人がいたので邪魔しちゃいけないと思って外から撮影。

久保講堂

イベントやロケで使われるみたいです。
使うには事前に許可が必要とのこと。

一般の住宅に面しているところもあるのでイベントで人が多いと気まずいかもしれません。

真岡ってMoka? Mooka?

国道294号を走っていて気になったのが栃木の地名。

真岡市での案内標識

案内標識の「真岡」が「Moka」になっています。
実は私、真岡のことを「まおか」と勘違いしていました。

それでこの標識で「もか」だと思ったのですが……

真岡市観光協会のホームページでは「Mooka」と表記されています。

参考

「もか」「もおか」

どっちなんでしょう?

真岡市をWikipediaで調べるとこんな一文がありました。

案内標識のローマ字表記は「Mooka」ではなく「Moka」となる。

真岡市 - Wikipediaより引用

なぜなんでしょう?

気になります。

ことぬー

もう面倒だからひらがなで「まおか」でよくね?

なんて言うことを真岡を見るたびに思ってしまいました。

ちなみに「下野」も「しもつけ」って読むんですね。
「しもの」かと思いました。

ほんと、わかりづらい……

そもそも栃木の栃っていう字も怪しいレベルの自分。
フェイントのある地名は読めません。

わかりやすい地名の方がいいと思うのですが、どうでしょう?

昼の大瀬橋へ行くも怖い雰囲気なし

それから片側一車線の道路が続き国道121号との合流である塙(はなわ)交差点へ。

塙交差点

ここまできて宇都宮に向かうのは遠回りになります。
なので右折しました。

ちなみに宇都宮方面に行かないのでバイク神社である安住(やすずみ)神社へ行くのもやめました。
運転中真岡のことで頭がいっぱいで……
安住神社のことをド忘れしちゃったんですけどね。

益子(ましこ)町に入ってからちょっと疲れたので自販機コーナーで一休み。
気が付くと1時間以上ぶっ通しで走っていました。

それからは片側一車線の田舎道が続きます。
ちょっと寄り道に大瀬橋へ。

大瀬橋1

この橋は心霊スポットとして知っておりました。
大瀬橋を建てる工事をしている中で作業員が死亡する事故があったとか。

橋脚部分に作業員姿の霊が出るとのことですが、昼間なので全くそんな気を感じません。
周辺には綺麗な景色が広がっていました。

大瀬橋2

誰もいないのをいいことに橋から下の景色を撮ってきました。

大瀬橋下の景色

橋脚部分は撮る気になれず。
というか、下に降りるのが億劫で止めました。
昼間にお化け見ちゃったらやばいですし。

それなら大瀬橋にくるなよって?
正論!!

大瀬橋から国道294号に戻ってきたら正午になっていました。

県道76号は田舎道が続く

淡々と北上し、コンビニで一息。
トイレを借りてひたすら白河へ向かいます。

やや時間が余っているので国道294号から山に入りたくなりました。

ルートで言うと

  • 伊王野交差点を右折し県道28号へ
  • そのまま直進し県道60号に入る
  • 県道76号との分岐では県道76号へ

こんな感じで走りました。

県道60号・県道76号はザ・田舎道です。
道路幅も狭まりつつ、徐々に林道になっていきます。

県道76号

 

そのまま進むこと数キロ。
栃木県と福島県の境にきました。

白河市の看板

 

そこにあるのが追分の明神。
なぜかとても気になって寄ってみました。

追分の明神1

 

追分の明神2

 

本堂に向かうまでの階段が急でした。

追分の明神3

 

本堂はこんな感じ。
あとは特に何もなかったところでした。

そのあと数キロで白河関跡が見えました。
でも、何だか面倒になってしまい素通り……

なんのために県道76号を走ったんだか。
まあ、観光客もそこそこいたので別にいいやって感じ。

そして県道76号をひたすら走ったら国道289号にぶつかりました。

76号と289号の交差点

 

左折し、新白河駅方面へ。

新白河駅というと東北新幹線の乗車駅です。
そのせいか、駅前はそこそこ栄えていました。

新白河駅に着いたのが15時前。

ホテルのチェックインまではまだ時間があります。

お腹がすいたのでコンビニを探します。
セブンイレブンで一息。

パンを食べたら急に眠気がきてしまい、近くの川沿いにバイクを停めてひと眠りしました。

ホテル「プレミアイン白河」はコスパ高し

そうこうしている間にチェックイン時間に近くなったのでホテルへ。

今回は「プレミアイン白河」に泊まりました。

駐車場が広くてバイクの停め場所に困りました。

泊まったホテルは小奇麗でした。
店員も愛想がよかったです。

ルームキーをもらい、部屋に入ります。
予想以上に広かった!

プレミアイン白河シングル1
プレミアイン白河シングル部屋2

風呂とトイレはセパレートでゆっくり風呂に浸かれました。
入浴剤もサービスでもらえて疲れが取れました。

4,000円という予算で泊まれるホテルとしてはなかなかクオリティ高かったです。

最後に

初日の旅は230キロ近く走りました。
運転時間は10時間半くらい。

ちょくちょく休憩とったとはいえ、体が痛かったです。
日差しも強かったのにサングラスをつけなかったので目が痒かったです。

ホテルではずっとテレビを観てしまいだらだらしてしまいました。
風呂に入ったら眠気が強くて起きたり寝たりの連続。

そんなこんなで初日が終わりました。

次回、#3は二日目の旅をまとめる予定です。

ではでは。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ことぬー

夏はあせも、冬はあかぎれに悩まされる引きこもり。基本引きこもっていますがたまに旅に出ます。引きこもっていても人生を生き延びられるか研究しています。 プロフィール ことぬーのほしいものリスト

-バイク,
-

Copyright© ことぬーのエキセントリックブログ , 2019 All Rights Reserved.