バイク

【バイク旅】福島編#1 鬼怒川の堤防決壊場所に寄り道してみた

2018年4月7日

鬼怒川決壊の跡

この記事は福島へのバイク旅初日の記録をまとめました。
寄り道して行った常総市の現状をレポートします。

こんにちは、ことぬー(@cotonou1113)です。

さる2018年4月1日にバイク旅に行ってきました。
今回は「【バイク旅】次は福島の白河に決めました」でも予告した通り福島です。

なかなかの長距離でした。
一泊二日で総運転時間は約23時間
帰ってきた時は疲れでぐったりしました。

翌日お腹の調子を悪くしてしまったのもきっと疲れからくるものだと思います。
運転好きな自分でも少しだけ運転から離れたくなりました。
まあ、引きこもりだからあんまり運転しないんですけどね。

出発してすぐにトイレ探しの旅へ

出発は午前4時前。

いつものように遠足が楽しみで眠れない子どもの状態であんまり眠れず。
起きたり寝たりの連続でやや睡眠不足の状態。

今回の旅は片道200キロを超えます。
どこかで眠れたらいいのですが時間がそれを許してくれるか。

最悪、ホテルのチェックインを遅らせることも考えました。

持っていくものリストを片手に淡々と準備。
バッテリー類は前日に充電をすませました。

朝食を簡単にとり、シャワーを浴びて出発。
まだ外は暗かったです。

福島へ向かうのには大きく分けて2ルートあります。

  • 国道4号から向かう山ルート
  • 国道6号から向かう海ルート

今回は福島と言っても白河に向かうので山ルートを選択。
でも国道4号は怖いので国道6号から国道294号を使うルートにしました。

淡々と都内へ向かいます。
国道246号に出るまではほとんど車の通りがありませんでした。

国道246号は多少込んでいますが、昼間のような怖さはありません。
流れに身を任せて進みます。

山手通りに入り、品川方面へ。

山手通り目黒周辺

タクシーや新聞配達のカブを結構見かけました。

ここでも淡々と走り国道15号から国道4号線に入りました。
急に用を足したくなり、いつも使う公衆トイレまで我慢。

もう漏れそうというところで公衆トイレについたのですが、なんと改修工事中!

神田の改修中トイレ

 

いきなり泣きそうな展開に。
公衆トイレを探しながら国道4号を走りますがみつけられず。
結局コンビニでトイレを借り、ひと息つきます。

その間に南千住まできていました。
すでに空は青いです。

それからは国道6号に入りひたすら走ります。
途中、日の出とスカイツリーが見えたのでそれぞれ撮影。

四つ木橋からの日の出
四つ木橋からスカイツリー

ここから一旦千葉へ。
松戸・柏と走りました。
道路沿いの桜が綺麗で運転が楽しかったです。

国道6号沿いの桜

呼塚交差点で国道16号へ。
ここからが未開拓のルートに入ります。

時間は6時半頃。
まだまだ先は長いです。

鬼怒川の堤防が決壊した場所へ寄り道

 

2015年9月、台風による大雨で鬼怒川の堤防が決壊した茨城県常総市。
あの水害からどれだけ復興されているか知りたくなりました。

ということで柳沢の交差点を右折し常総市に向かいます。
平日なら交通量が多そうな県道3号で常総市に着きました。

件の大雨で堤防が決壊したのは2か所。

  • モービル三坂町SS(現在はありません)周辺
  • 鬼怒川砂丘慰霊塔より北のソーラーパネルがあった近辺

うちひとつは記念碑が設けられているとの情報を知り、向かってみます。

参考

記念碑がは閑静な住宅地に面した鬼怒川沿いにあります。
バイクで直接行けないので近くで駐輪し、徒歩で向かいました。

住宅の中を走ったので迷惑だったかも……
夜だったら完全に不審者に間違われると思います。

記念碑は鬼怒川沿道にありました。

鬼怒川決壊の跡
鬼怒川決壊の跡裏

正面から撮影しようとすると自分の姿が映ってしまいます。
仕方なく斜めから撮るとその先にある墓が見切れてしまいました。

自分が行ったときの鬼怒川は穏やかでした。
雨が降るとこの川が変貌すると思うと自然の怖さを感じます。

鬼怒川沿道

堤防決壊した場所は復旧が終わっています。
新しく建てられた住宅が建って復興しようとしていました。

ところでグーグルマップのストリートビューは鬼怒川決壊よりだいぶ前の2012年撮影です。
なので現地と大幅に違うのですが、修正しないのでしょうか。

航空写真は水害後の記録を残しています。
意図的なのかどうかはわかりませんが、被害の大きさを知ることができます。

ちなみに堤防決壊周辺にあるガソリンスタンド「モービル三坂町SS」。

現在はなくて売地になっていました。

ガソリンスタンド跡

 

鬼怒川砂丘慰霊塔は勘違いで行き忘れる

 

もうひとつの決壊場所から近くにあるのが鬼怒川砂丘慰霊塔
自分はここには訪れませんでした。

というのもなぜか途中にあった鬼怒川魚供養碑を慰霊塔だと勘違いしてしまう大ポカ。

鬼怒川魚慰霊碑

規模を考えても違うのは間違いないのに何やっているんでしょうね。
情報収集が甘すぎました。

決壊場所もすでに復旧されているんだろうなと勝手に思い確認しませんでした。
本当にやらかしました。

鬼怒川砂丘慰霊塔は次行くときの楽しみと言っておきます。

次回:常総から白河へ

常総市への寄り道はここまで。

コンビニでトイレを借り(またかい!)近くの公園で朝食取りつつひと息入れて北上しました。

常総市を出たところで目的地である白河まで約130キロ。

まだ半分も行っていない状況ですが、この時点では楽しくで仕方がありませんでした。
時がのんびり流れているような感覚。

いいですね、ホントに。

次回、#2は「【バイク旅】福島編#2 昼の大瀬橋は景色が素敵だった」です。

ではでは。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ことぬー

夏はあせも、冬はあかぎれに悩まされる引きこもり。基本引きこもっていますがたまに旅に出ます。引きこもっていても人生を生き延びられるか研究しています。 プロフィール ことぬーのほしいものリスト

-バイク,
-

Copyright© ことぬーのエキセントリックブログ , 2019 All Rights Reserved.