自分のこと

サンタクロースの存在を小さい頃から否定した理由

2017年12月22日

こんにちは、ことぬー(@cotonou1113)です。

クリスマスが近くなってきました。
でもこの時期はあんまり好きじゃないんですよね。

ええ、クリぼっちですよ。
それが何か?

正直、クリスマスなんてどうでもいい

私は神の存在を信じていません。
むしろ、自分が神なんじゃないかと適当に思っています。

「あなたは神を信じますか?」

の問いに

「私が神だ」って言うある芸人のネタをやるくらいです。

そんなレベルなので神聖なイベントにも鈍感です。
クリスマスなんてどうでもいいと思っています。

接客業をやっていた頃、クリスマスずっと仕事でした。
その点で言えば忙しくて疲れる時間だという印象もあります。

今の自分にとってクリスマスはその程度のものです。

そんなことを言ってしまうにはわけがあります。

クリスマスが嫌いなのは不公平だから

クリスマスがどうでもいいだけではなく、むしろ嫌いです。

と言うのも、自分にとって不公平だったからです。

私の誕生日はクリスマスに限りなく近いです。
ヒントは平成天皇。

合コンかよ! ってつっこまれそうなので正直に言います。

12月23日、今の天皇(平成天皇)と誕生日が同じです。

この日が誕生日だと面倒なことがひとつ。
それは、クリスマスと日程が近いということ。

なので、こんなことが起こります。

  • 誕生日とクリスマスのプレゼントを一緒にされた
  • 兄弟はプレゼント別々
  • ケーキも当然一緒にされる
  • サンタは自分にはプレゼントはくれなかった

こうしたことに両親も納得のいく答えを出してくれませんでした。
小さい頃の話なのですが、純粋な心がなくなるのには充分でした。

兄弟は誕生日とクリスマスでそれぞれプレゼントをもらっていました。
なら自分も、って思っちゃいますよね?

でも、自分は一緒にされたんです。

誕生日にプレゼントをもらってクリスマスにはプレゼントはもらえませんでした。

大人になった今ならくだらないことです。
でも、当時の自分には大きなこと。

1日ずっと泣いたくらいの悲しみ。
サンタがサタンに思えてきました。

もしサンタが存在しているなら何でプレゼントをくれなかったのか問い詰めたいです。

リーガル・ハイの古美門研介に賛同します

「リーガル・ハイ」と言うドラマがあります。
奴腐れ弁護士古美門研介が主人公の法律ドラマです。

そこで古美門が幼少時、「サンタは存在しない」と言ってクラスメイトを泣かせたエピソードがあります。

厳格な父に泣かせた子のところに謝罪に行けと怒られます。
それは「サンタはいない」という根拠を示せないから。

古美門少年は結局謝罪に行くふりだけしました。
実際は謝罪していないで終わっています。

この古美門少年、自分と似ています。

自分は、サンタは存在するのだろうけど、その存在を断固否定します。
サンタはいるという根拠もないから。

サンタになりすました奴は見かけますが……
いわゆるサンタクロースじゃないですよね。

サンタってやばいでしょ

そもそもサンタってやばいです。

だって煙突から侵入してプレゼント置いていくってやばいですよ。
それだけでも怪しさいっぱいです。

一日で全ての子供に家にプレゼントをあげると言うのも現実的じゃないです。
トナカイが空を飛ぶのもねぇ。

ファンタジーなら納得しますが、現実に存在させようとするのが何とも怪しいです。

親がサンタの手伝いをしているとしたら、どうして私にはプレゼントをくれなかったのか。
もしくれたとしてどうして誕生日と一緒にしてしまったのか。

不公平をしているなら悪質。
そうじゃないなら別の意味でサンタってやばいです。

自分の子供にはサンタはいないと言いたい

自分が奇跡的に結婚して子供を授かったら……
サンタの存在は強く激しく否定したい。

その上でプレゼントが欲しいならサンタからではないことを言ってプレゼントを渡したいです。
私のようなサンタ詐欺の被害者を作らないように勤めるつもり。

でもでも……

自分はどうせ結婚もしないし子供を授からないから安心して。

ああ、さびし。

最後に

来るなら来てみろ、サンタさんよ。

小さい頃もらえなかったプレゼント今頃になって届けてくれよ。

そしたらその存在を否定しないからさ。

あ、プレゼントは100ビットコインでよろしくっす。
たったの100ビットコインでいいっすよ。

以上、人間としてクソな存在の自分がビッドコインをサンタにねだる話でした。

ではでは。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ことぬー

夏はあせも、冬はあかぎれに悩まされる引きこもり。基本引きこもっていますがたまに旅に出ます。引きこもっていても人生を生き延びられるか研究しています。 プロフィール ことぬーのほしいものリスト

-自分のこと
-, ,

Copyright© ことぬーのエキセントリックブログ , 2019 All Rights Reserved.