暮らしの豆知識

2018年1月8日から年賀ハガキの料金が62円に!当日でも52円で送れる方法

投稿日:2018年1月7日 更新日:

この記事は2018年の年賀ハガキの料金が52円で送れる方法を書きました。

そのため、2019年以降の年賀ハガキには該当しません
ご注意ください。

あなたは年賀状のお返し、もう全て出し終わりましたか?

実は明日1月8日から年賀ハガキの料金が62円になります。
52円の年賀ハガキでは料金不足で返送されてしまいます。
ご注意ください。

1月8日以降年賀ハガキを出す場合は10円切手を追加で貼らないといけません。
切手を買わないといけないし、とても面倒ですね。

10円切手はコンビニや郵便局で販売しています。

1月8日でも52円で発送してくれるケースがある

ところで、これは1月8日でも52円で発送してくれるケースがあります。

それが

「1月8日の最初の取り始めまでに郵便ポストに投函されたもの」

です。

つまり、郵便局員が1月8日の最初の集荷分までは52円ということです。

 

1月8日の最初の取り集めまでに郵便ポストに投函されたものについては、年賀はがきの料金(52円)が適用されます。

これを逆手にとると、集荷時間が早い所だと62円になってしまいます。

郵便局の前にあるポストに投函したら62円になる可能性が高くなるので避けたほうがいいでしょう。

では、どこがいいのでしょうか?

住宅地にある集荷回数の少ないポストが狙い目です。

ちなみに、該当ポストの集荷時間はポストの左右面に掲示されています。
これで確認してみた方がいいですね。

また、同じ郵便局でも本局ではなく特定局のポストは集荷時間が遅かったりします。
特定局とは、小さな郵便局でゆうゆう窓口がありません。
また、土日祝日に営業しないのも特定局の特徴です。

特定局か本局かは「ゆうゆう窓口」のアイコンで確認するといいでしょう。

郵便局の場所はこちらでご確認ください。

郵便局・ATMをさがす - 日本郵政グループ

郵便ポストの場所はこちらのサイトを参照してください。
全てを網羅していませんが、約97%は掲載されています。

ポストマップ | ポストをひたすらマッピング

1月16日以降は特に要注意!

料金不足の年賀ハガキは差出人に返送されます。
ですが、1月16日以降は違います。

年賀状が集荷された郵便局の管轄が宛先なら差出人に返送。
それ以外なら送り先に配達され、不足料金を請求されます。

1月16日以降に年賀状を出す場合は気をつけましょう。
じゃないと先方に対して失礼な行動になります。

最後に

せめて年賀ハガキは1月中まで52円でよかったのではと思います。
ややこしいですよね。

10円切手を貼り忘れて戻ってきたものをもう一度出すのも気まずいです。

混乱が起きそうな予感がします。

ではでは。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ことぬー

夏はあせも、冬はあかぎれに悩まされる引きこもり。基本引きこもっていますがたまに旅に出ます。引きこもっていても人生を生き延びられるか研究しています。 プロフィール ことぬーのほしいものリスト

-暮らしの豆知識
-

Copyright© ことぬーのエキセントリックブログ , 2019 All Rights Reserved.