仮想通貨

仮想通貨、ロスカット効かなくて追証になることもあるってよ

投稿日:2018年1月20日 更新日:

 

下落の折れ線グラフ

この記事は先日仮想通貨が大きく下落した日にロスカットが効かなくて追証になった人がいる話をします。

2018年1月20日公開の記事なので情報が古い可能性があります

 

ナイアガラは突然やってきた

2018年1月に入り、例年最低価格を記録している時期にそれは起きました。

仮想通貨のナイアガラ祭り。

160万円近くで推移していたビットコインが100万円割れしそうなレベルまで下落。

それは突然やってきます。
やばすぎます。

億り人を夢見た勢力が軒並みやられている印象。

しかも、今回ロスカットが正常に発動しなくて追証になる人もおります。

SHINさん(@sgoroku)は今回のナイアガラ祭りで450万円もの追証を負担することになったのです。

ロスカットが正常に効いていれば追証にならなかったでしょう(もちろん、相当なダメージですが)。
こういう状態、恐ろしいです。

SHINさんの記事は仮想通貨トレードをやる人にとって読むべきものだと思います。

参考

ロスカットのルール、知っていますか?

ロスカットって知っていますか?
知らない人はビットコインでの信用取引はまだやらないことをオススメします。

一応、念のため簡単に説明します。

ロスカットとは?

損失が拡大しすぎないように取引所や取引会社がポジションの強制決済を自動的にすることです。

基本的にこのルールで追証(追加で証拠金が必要になる状態)になることは少ないです。

ロスカットのルールはいわば命綱のようなもので、最低限の証拠金は残るわけです。
ロスカットの基準証拠金は取引業者や取引方法で変わるので把握しておくことが必要です。

私は過去2回FX(外国為替証拠金取引)でこのロスカットを食らったことがあります。
でも、追証にならずに済みました。

1回目はリーマンショックの時。
あの時はロスカットされなければ先出のSHINさんのようなことになっていたのかもしれません。

レバレッジが個人でも400倍まで平気な時代でした。
スワップだけでサラリーマンの収入を超える人もいる時代でした。

私が負った損失は20万円。
少ない金額ですが、当時の自分には大きかったです。

2回目は取引通貨量を間違えてポジションを持ってしまい、すぐにロスカットを食らってしまいました。

気づくのが遅くてあっさりロスカットされたので、もう何がなんだかって感じ。

ただ、ロスカットのおかげで追証にならずに済んだのはせめてもの救いでした。

私がメインでやるFXの取引業者は、ロスカットの基準額が100%です。
準備した証拠金から必要証拠金と損失を引いて100%を下回るとロスカットします。
常に証拠金の有効比率と必要証拠金は把握しておくことが大事ですね。

仮想通貨のことは勉強不足で人に説明できるレベルじゃないので、先輩たちの記事をみる方がいいかもしれません。

自分は投資金額が少なかったので被害少なめ

私は仮想通貨を買っていましたが昨年末に何を思ったか決済しまくっていたので被害は最小限で済みました。
そもそも仮想通貨に投資する資金が少なかったのでまだ良かったです。

とりあえず塩漬けして少し様子をみることにします。

ちまちまとFXで証拠金を増やしている人間としては今回の祭りは好きじゃないです。
ビットコインFXはもう少し勉強しないと痛い目に遭ってしまいそう。

最後に

こうした事態を想定してトレードをしないとギャンブルをやるようなもの。
運を天に任せてうまく行く人は、それまでに良い行いをした人くらいでしょう。

ことぬー

明日は我が身……そんな気分。

 

ではでは。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ことぬー

夏はあせも、冬はあかぎれに悩まされる引きこもり。基本引きこもっていますがたまに旅に出ます。引きこもっていても人生を生き延びられるか研究しています。 プロフィール ことぬーのほしいものリスト

-仮想通貨
-, , ,

Copyright© ことぬーのエキセントリックブログ , 2019 All Rights Reserved.