引きこもりの主張

【引きこもり】久しぶりに外に出たら色々思うことばかりだった

投稿日:2018年1月8日 更新日:

みなさま、こんにちは。
ことぬー(@cotonou1113)です。

久しぶりに外に出ました。

と言っても1時間ほどの時間ですけどね。

引きこもりが久しぶりの外に出るとどうなるか。
こんなことを感じました。

  • いい気分転換になる
  • 気疲れする
  • ますます引きこもりたくなる
  • 引きこもっていることのありがたみを感じる
  • 働いている人が偉く感じる
  • 自分がクズのように思える
  • 自分の存在価値について考えさせられる

だんだんとネガティブな内容になっています。

まあ、こんなものでしょう。

お前の引きこもりエピソードなんて聞きたくない!と言う方もいるかもしれません。
ですが、ごく一部の変わった自分と似た人のために書きます。

いい気分転換になった

久しぶりというものはすごいものです。
ただの日常でも久しぶりが入ると新鮮に感じられます。

外の喧騒がとても懐かしく嬉しくなります。
内に入ろうとしていた気持ちがどんどんと外に向かっていく感覚を得ます。

久しぶりに何かをやるというのはとてもいいですね。

みなさまもぜひお試しください。
何気ないことでも「久しぶり」が入るだけで多少はポジティブになれますよ。

行き詰まっていることも、解決してしまうかもしれません。

でも、気疲れする

人間関係がウザいと思うこと。
引きこもりにはこう思う人、多いです。

私がその一人です。

お店で買い物をするだけでも気疲れします。
駐輪場でバイクをどこに停めるかであれこれ考えます。

レジに行くタイミングも客が殺到しないようあれこれ伺います。
自分が並んだレジの店員のスキルレベルが低いと負けた気分になります。

セルフレジでのんびりできたらいいのにと思ってしまいます。

こう思ってしまうのはきっと自意識過剰なんでしょうね。
自分と他人を比べて勝っていないといけないんじゃないかという錯覚すらあります。

外に出るとポジティブな感覚と共に、他人との関係性を意識しすぎてしまいます。
少しずつでもなおしていかないと、この先行き詰まりそうです。

引きこもっていることのありがたみを感じる

これは正直、強く思います。

定住する場所があるのが自分には一番の財産。
何かあればここに籠もればいいのだから。

引きこもりが外に出て動けるようになるにはまず引きこもれる場所が大事ですね。

働いている人、すごい!

引きこもっていると、他人がどういう生活しているかわからなくなります。
というよりも、そういうことに無頓着になります。

自分が買い物できるのも、その時間に店て働いている人のおかげ。

とにかく、働いている人は素晴らしいです。

「生きているのは何のため?」という疑問

外の世界に飛び出すと色々と思うことがあります。

特に感じるのは

「自分は何のために生きているのだろう?」

ということ。

この疑問、10年近く考えています。

家に引きこもっているとそこまで考えないのですが……
外に出るだけでずっと考えてしまいます。

でも、何のために生きているかなんてなかなか答えでないですよね。

何のために仕事をしているか?
何のために?

真面目に考えると答えが出ません。

「何のために○○するのか?」

答えは永久に出ないのかもしれません。
または出た答えが浅くて腑に落ちないものかも。

最後に

人間界の中でも底辺に位置する自分。
それでも何とか生きていきたいと改めて思います。

また機会を見つけて外に出てみます。

ではでは。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ことぬー

夏はあせも、冬はあかぎれに悩まされる引きこもり。基本引きこもっていますがたまに旅に出ます。引きこもっていても人生を生き延びられるか研究しています。 プロフィール ことぬーのほしいものリスト

-引きこもりの主張
-, ,

Copyright© ことぬーのエキセントリックブログ , 2019 All Rights Reserved.