生活 趣味

やっぱりフランクリン・プランナー? 2018年の手帳はどうしようか考える

2017年12月29日

みなさま、こんにちは。
ことぬー(@cotonou1113)です。

みなさんはもう来年の手帳を決めましたか?

私はだらだらと決められずにここまできてしまいました。
来年のスタートダッシュをいい形で切る為にも
そろそろ買いたいものです。

色々迷った挙句、やっと注文したのでその紆余曲折を紹介します。

今年はフランクリン・プランナーの綴じ手帳版を使用

今年(2017年)はお馴染みのフランクリン・プランナーを使いました。

バインダーサイズは自分には大きく使いづらいので
最近はオーガナイザー(綴じ手帳)を使っています。

フランクリン・プランナーのいいところは2つ。

  • 時間管理と行動管理ができる
  • 手帳タイプが複数あり、ツールも豊富

ちなみにフランクリン・プランナーは10年近く使っています。
10年近く使っていてわかったこと。

それは、フランクリン・プランナーでなくても同じような行動管理ができるようになったことです。
最悪、大学ノートでも行動管理ができます。

フランクリン・プランナーにこだわる必要性がなくなりました。

そこで検討したのが他の手帳。

買おうか迷ったのは

「ほぼ日手帳」

候補として考えましたが、周囲で使っている人がいなくていまいちわからず。
愛用者は毎年買う傾向にあるみたいですね。

それとはあちゅうさん監修の

「週末野心手帳2018年版」

内容も良さそうでしたが、気になったのが掲載期間。

スケジュールのスタートが12月からで、翌年の11月までとの記載がありました。

もう12月に入っちゃっています。

なんとなくこれで損した気分になったので買うのは回避。
男がこの手帳を持っているのもちょっと不自然かな。

にしても12月スタートという手帳を早めに買わせようとするスタイル、野心的ですね。
こういうところ、嫌いじゃないです。

自作はコスト高い

手帳を自作している人もいます。

PCでリフィールを作って印刷。
それを使うというもの。

自分で自由にリフィールを作れるのでいいですね。

ただ、私はしていません。
自分で印刷するとプリンタのインクリボン代が思ったよりかかるからです。

普段プリンタも全く使っていないし、そもそも最近はPCに繋いですらいません。
たまにしかやらない印刷の度にクリーニングやるし、コスト高いですね。

結局、シンプルなものに

あれこれ考え、楽天やアマゾンの商品レビューを見たりして出した結論。

「2018年はシンプルに行こう」

ということで……
前から候補として入れていたキャンパスダイアリーに決定。

12月始まりですが、内容としては2019年1月まで載っています。
何より安いので買って
「ちょっと違うな」と思ってもそんなに気にならないのかも。

ちなみに……
ここまで来て元も子もないことをひとつ。

基本的に予定ってスマホのスケジュールに入れるから本当は必要ないんじゃ……
いえ、なんでもありません。

最後に

ひとまずキャンパスダイアリーで2018年の手帳問題に決着をつけました。
もし使いづらければ4月始まりで他の手帳に替える予定でいます。

2018年はシンプルに生きたいものです。
それをどれだけサポートしてくれるか。

キャンパスダイアリーが届いたらレビューします。

ではでは。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ことぬー

夏はあせも、冬はあかぎれに悩まされる引きこもり。基本引きこもっていますがたまに旅に出ます。引きこもっていても人生を生き延びられるか研究しています。 プロフィール ことぬーのほしいものリスト

-生活, 趣味
-,

Copyright© ことぬーのエキセントリックブログ , 2019 All Rights Reserved.